仏教を深く知ることでお葬式の本質を知る

日本人の精神性と仏教の本質は互いに密接に関連しています。未知の世界に入ると誰でも、少なからず心理的抵抗が働きます。この傾向は現代社会において特に強く、そのような心理的な障壁は、仏教について深く知り、お葬式の本質に近づくのに邪魔でしかありません。蓄積された経験は、先入観というひとつの塊になり、無意識のうちに定着します。

子どもには元来、先入観とよべるものがありません。それは子どもたちに、まだ先入観を形づくるのに必要なだけの経験がないからです。経験の欠如は子どもの大きな弱点でもありますが、仏教のエッセンスを端的に理解し、世界を無限に広げていくうえでは非常に大きな武器になります。仏教やお葬式について少しでも深く知りたいと思っているなら、日頃からさまざまな勉強の習慣を試してみましょう。この時代、便利なインターネットというツールを使うと、時系列にかかわらずあらゆる種類の情報を得ることができ、自由に吸収することができます。

仏教は、日本の生活に根ざしているわけではないという意味では、仏教の精神が日本人の無意識レベルにまで浸透しているということであり、それはすなわち仏教こそが日本人にとっての大きな行動規範になっていることでもあります。いったん内在した宗教的規範を相対化してみることで、これまで気づかなかった仏教の新しい側面に気づく機会になるでしょう。仏教にもいろいろな宗派があり、それぞれの宗派によってお葬式の様式も異なるため、普段から宗派ごとのお葬式の違いについて調べてみるのも教養としては面白いかもしれません。